【効果や副作用は?】すっきりフルーツ青汁の成分を徹底分析!

すっきりフルーツ青汁は、大麦若葉、明日葉などの青汁の主要原料だけでなく、81種類の酵素やフルーツ、乳酸菌、美容・有用成分など様々な原料が使われている青汁なのですが、それらが具体的にどういう効果があるのか、原料の中に添加物や副作用のあるものはあるのか、というのは気になるところかと思います。

 

そこで、すっきりフルーツ青汁の成分を徹底分析し、主要成分の効果や特徴と、全使用原料の副作用の有無を調べました。ぜひ参考にしてください。

 

 

すっきりフルーツ青汁の主要成分の効果と特徴まとめ

成分・原料 効果と特徴
大麦若葉 効果は便秘改善、貧血対策、肌荒れ改善、アンチエイジング効果など。青汁の主原料の1つで、ケールと異なり飲みやすいことが特徴。鉄分や食物繊維が特に多く含まれているため、貧血対策や便秘対策に有効。またSOD酵素という非常に活性酸素除去力の高い酵素を含んでいるので、肌荒れ改善やアンチエイジング効果も期待されている。
明日葉 効果は脂肪燃焼効果、血糖値を下げる、血圧を下げる、動脈硬化予防効果など。青汁の主原料の1つで、ケールよりも飲みやすく、栄養価が非常に高いのが特徴。特に明日葉に含まれるカルコンというポリフェノールは、抗メタボリックシンドロームホルモンとして知られるアディポネクチンを増加させるため、内臓脂肪の燃焼、血糖値の低下、血圧の低下などの作用が期待される。
クマザサ 効果は胃潰瘍・胃炎の改善、貧血の予防・改善、ニキビや口臭の予防、殺菌・防腐効果など。古くから薬草として利用されてきた植物で、抗菌作用や防腐効果の高さから、昔はおにぎりなどを包むものとして利用されてきた。また傷ややけどの治療薬としても用いられてきた実績がある。
食物酵素 効果は食物の消化の促進効果、代謝が活性化することによるダイエット効果など。体内にある酵素は食物の消化や体の新陳代謝の役割を担うが、食物からの酵素を取り入れることで、体内の酵素の活動を助ける効果がある。
ラクリス乳酸菌 効果は便秘改善、整腸効果。有胞子性乳酸菌と呼ばれる胞子の殻の中に包まれた乳酸菌で、熱や酸に強いため、胃で死なずに腸まで届くのが特徴。一言で言うなら腸まで届く強い乳酸菌。ラクリス乳酸菌は三菱化学フーズによる有胞子性乳酸菌の商標名。
スポルス乳酸菌 効果は便秘改善、整腸効果。有胞子性乳酸菌と呼ばれる胞子の殻の中に包まれた乳酸菌で、熱や酸に強いため、胃で死なずに腸まで届くのが特徴。ラクリス乳酸菌もスポルス乳酸菌も学名はBacillus coagulans(バチルス・コアグランス)で同じ。スポルス乳酸菌はセティが製造する有胞子性乳酸菌の商標名なので、2つの乳酸菌の違いは商標名の違いという理解で良い。加えてラクリス乳酸菌は日本起源、スポルス乳酸菌は米国起源の有胞子性乳酸菌を使っているという違いがある。
アカシア 効果は血糖値抑制効果、脂肪燃焼効果、便秘改善、美肌効果など。アカシアに含まれるアカシアポリフェノールは群を抜いた抗酸化力があることで知られている。そのため、高血糖や高血圧を抑制したり、活性酸素による肌の老化を防いだりする効果が期待されている。
藍藻 効果は便秘改善、免疫力アップ、アンチエイジング、貧血改善効果など。スピルリナやブルーグリーンアルジーという名前でも知られる藍藻(らんそう)は、タンパク質、食物繊維、鉄分、βカロチンを豊富に含むことで知られている。特にβカロチンを豊富に含むことによる強い抗酸化力により、免疫力アップやアンチエイジング効果を期待されている。
ザクロ 効果は美肌、アンチエイジング効果、むくみ解消、下痢止めなど。ザクロは女性の果実として知られており、女性を美しくする成分が多く含まれている。特にポリフェノールの含有量が多く、その抗酸化作用により美肌効果、アンチエイジング効果が期待されている。さらにカリウムを豊富に含むことから、むくみの解消・予防効果も期待できる。古くは漢方薬の原料としても使用されており、下痢止めやひび割れ、しもやけ、うがい薬として使用されていた実績もある。
グアーガム 効果は便秘改善、下痢改善、血糖値上昇抑制効果など。主にインドやパキスタンで栽培されているグアー豆から取れる水溶性食物繊維成分。水溶性食物繊維は人には消化できない(消化酵素を持っていない)糖類であるが、腸内細菌はその糖分を栄養源にし、活動を活発にできるという特徴があるため、便秘や下痢など、腸周りの症状を改善できることが利点。
アカメガシワ 効果は胃炎・胃酸過多の予防、便秘・下痢の改善効果など。古くから漢方の原料として用いられてきたものであり、特にアカメガシワに含まれるベルゲニンという成分が体に良い作用を与えている。具体的には胃炎や胃酸過多などの胃の症状を改善させたり、腸の動きを正常化させて便秘や下痢を改善させるなどの作用が期待される。
βカロチン 効果は美肌効果、風邪の予防、夜盲症・黄斑変性症等の目の症状の予防効果など。βカロチンはβカロテンとも言われ、体内でビタミンAに変換される成分である。皮膚の新陳代謝を高めることで、乾燥肌などを改善する美肌効果が期待され、また粘膜を強化する働きによる風邪の予防効果も期待されている。夜に視力が低下する夜盲症や、目の奥にある黄斑の異常により視力が低下する黄斑変性症などの目の機能の改善効果も期待されている。
ビタミンC 効果は美肌効果、免疫力アップ、貧血予防効果など。ビタミンCは酸化した物質を元に戻す還元力の高さが特徴。そのため、しみ、そばかすや肌の老化などを改善する美肌効果や、免疫力をアップする効果などが期待されている。また、鉄分の吸収を促進するため、貧血の予防に関しても効果が期待されている。
プラセンタ 効果は美肌効果、免疫力アップ、代謝促進効果など。プラセンタとは母体と胎児を繋ぐ胎盤のエキスのことで、その赤ちゃんに栄養を届けるという役割から非常に栄養価が高いことで知られている。ビタミンやミネラルを始め、様々な栄養素が含まれているが、特に顕著なのはシワを目立たなくしたり、肌の潤いを増したりする美肌効果。その他にも免疫力をアップさせたり、炎症を鎮めたり、体の代謝を促進させたりする効果などが期待されている。
セラミド 効果は肌の表皮の保湿効果など。セラミドは肌の表面付近に存在する細胞間脂質のことで、非常に高い水分保持機能を持っている。現在肌には11種類のセラミドがあることが知られているが、中にはまだ効果が不明のセラミドも存在する。中でも肌に一番多く含まれるセラミド2は高い保湿機能を持つことで知られている。他、外の刺激からのバリア機能を持つセラミド1、シワの軽減機能を持つセラミド3などが有名。
豆乳パウダー 効果は美肌効果、バストアップ効果、脂肪燃焼、便秘解消効果など。豆乳には様々な栄養が含まれているが、一番有名なのは、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボン。これにより、美肌効果やバストアップ効果などが期待されている。その他、サポニンによる脂肪吸収阻害・脂肪燃焼促進効果や豆乳に含まれるオリゴ糖による腸内環境活性化による便秘解消効果なども期待されている。

 

腸内環境を改善し、便秘解消効果が期待される成分が多く含まれている

ダイエットで重要なのは、便秘を改善してお通じを良くすること。すっきりフルーツ青汁には腸内環境を改善する成分が多く含まれています。特に注目すべきポイントは、ラクリス乳酸菌とスポルス乳酸菌という腸まで届く2つの強力な乳酸菌を使っていること。

 

通常の乳酸菌は、胃の中で胃酸と熱によりほとんど殺菌されてしまい、腸まで届きませんが、この2つの乳酸菌は、有胞子性乳酸菌という胞子の殻の中に包まれた乳酸菌のため、胞子がカプセルやバリアのような働きをして胃の中を通過し、腸まで届いて腸内環境を活性化させることができます。

 

基礎代謝を上げたり、脂肪を燃焼させやすくすることでダイエット促進が期待される成分が多く含まれている

他の青汁にはない成分の大きなポイントの一つは、代謝促進が期待される81種類もの食物酵素を使用していること。ダイエットには基礎代謝のアップは不可欠なので、酵素を多く含んでいる点は大きいです。その他、明日葉、アカシア、豆乳パウダーなど、脂肪燃焼効果が期待される成分も数多く含まれています。

 

活性酸素を除去する高い抗酸化作用を持った成分が多く含まれ、美肌効果が期待される

すっきりフルーツ青汁の主要成分の多くに含まれるのが、ポリフェノールなどの高い抗酸化作用を持った成分です。大麦若葉に含まれるSOD酵素を始め、明日葉に含まれるカルコンというポリフェノールや、アカシアのアカシアポリフェノール、藍藻、ザクロ、βカロチン、ビタミンCなど、抗酸化力の高い成分がふんだんに使われています。

 

抗酸化力が高い成分は、肌の老化の原因になる活性酸素を取り除きますから、しみやそばかすを改善し、肌に潤いを取り戻す高い美肌効果が期待されるのです。

 

 

【効果や副作用は?】すっきりフルーツ青汁の主要成分を徹底分析!

>>すっきりフルーツ青汁の楽天・アマゾン・公式の価格比較はこちら

 

すっきりフルーツ青汁の全使用原料の副作用の有無まとめ

次に、添加物や保存料等、体に害を及ぼすようなものが入っていないか、すっきりフルーツ青汁の全使用原料の副作用について調べてみました。使用重量の多い順に、すっきりフルーツ青汁の原料と副作用の有無を記載していきます。

 

  過剰摂取による危険度 副作用の種類
還元麦芽糖水飴 なし
大麦若葉粉末 なし
クマザサ粉末 なし
乳糖 なし
デキストリン 下痢
明日葉粉末 なし
マンゴー果汁パウダー なし
抹茶 なし
植物発酵物乾燥粉末 なし
いちご果汁パウダー なし
アカシア食物繊維 下痢
アセロラパウダー なし
グァガム なし
イナゴ豆抽出物 なし
藍藻抽出物(ブルーグリーンアルジー) なし
アカメガシワエキス末 腹痛、吐き気、嘔吐、膨満感
有胞子性乳酸菌 なし
乳酸菌(死菌) なし
メロンプラセンタ(胎座)抽出物 なし
フルーツ野菜エキス なし
茶抽出物 なし
豆乳末 なし
ザクロ抽出物 吐き気、頭痛、胃痛
パイナップル果実抽出物/香料 なし
β-カロテン なし
シクロデキストリン 下痢

 

過剰摂取をしない限りすっきりフルーツ青汁に危険な成分はなし

すっきりフルーツ青汁の全原材料の副作用を調べましたが、結論として危険な成分や重大な副作用を起こす成分はないです。

 

一部、食物繊維系の成分は大量に摂取するとお腹がゆるくなって下痢になったりしますし、ザクロやアカメガシワなど、大量に摂取することで吐き気を催す可能性があるものもありますが、それも単体で大量摂取をした場合にそうした症状が発生することもある、という話なので、すっきりフルーツ青汁のようにいろいろな成分が含まれているタイプのものであれば、リスクは低いと言えるでしょう。

 

【効果や副作用は?】すっきりフルーツ青汁の主要成分を徹底分析!

>>すっきりフルーツ青汁の楽天・アマゾン・公式の価格比較はこちら